これは痒いところがあるからです。

少し噛む程度であれば問題ありませんが、いつも噛むようであればノミやダニなど痒い虫が寄生しているのかもしれません。

皮膚病になっているかもしれません。
そのような場合はフロントラインなどのノミダニ駆除剤を使ってノミやダニを駆除する必要があります。
グルーミンググルーミングは傷黒いともいわれていて清潔さを保つ以外に自分の体の臭いをとったりするためにもしています。

自分の匂いがするといい物が2位でしまいます。

ですので、自分の匂いをなるべく消そうとしています。

舐めると眠くなる猫はグルーミングをするとその後寝てしまいます。
体を舐めるといい気持ちになってきてだんだんと眠くなって行きます。

それでひなたぼっこしながらグルーミングをしてそのまま寝ている場合が多いようです。

猫を静かにさせたかったら撫でるのがいいでしょう。

慣れることで眠くなってぐっすりと寝てくれます。

それ以外に体を舐めると安らかな気分になれるというところから飼い主に叱られた時は体をなめるなど安らかな気持ちを取り戻そうとしていますね。

木の下で皿としています。

猫の目はなぜ光るのか

猫の目が電気を通してキラッと光って綺麗だなと思ったことがあると思います。

懐中電灯などは当てると向きによっては金色に光っていて非常に神秘的です。
なぜこんな色をしているのでしょうか。

猫は夜行性の動物猫は夜行性の動物です。
なので暗いところで獲物をしっかりと捉える必要があります。

目の中に反射板が入っていることで暗い所でもものがよく見えるようになって獲物を捉えやすくなります。

網膜の後ろ側には光を跳ね返す反射板があって世界入って光は網膜を通ってそこに反射し明るく見えるようになっています。

つまり2回網膜に光が当たっているのと同じことで2倍明るく見えるようになっています。

真っ暗では全く見えないだからといって真っ暗の中でも見えるというわけではありません。
真っ暗だと猫もやはり何も見えません。

というのは跳ね返す光が全くなく自分で発電しているわけではないからです。

しかし薄暗くて人間がほとんど良く見えないという時人間の5倍の明るさで見えるということが分かっています。
猫の目は瞳孔が大きく開くようになっているので人間より暗いところが見えるようになっています。

瞳孔が最大限に開くことで上にたくさんの光が入って見やすくなります。

明るいところでは目が細くなります。

それは明るすぎて周りが見えなくならないようにするためです。

猫が足にスリスリしてくるのはなぜ

猫を飼っているとなんとなく立っていると猫が足にスリスリとしてくることがあります。

匂いをつけているのでしょうか。

嬉しいからでしょうか。
どうして猫はすりすりするのでしょうか。

これは愛情の表現だということがいわれています。
甘えていて飼い主に慣れてもらいたい時など足に絡みついてすりすりとしてきます。

餌をねだる仕草でもありお腹が空いてる時にさかんに足にスリスリしてくる猫もいます。

匂いをつけているもう一つは匂いをつけているというところがあります。

猫の口の近くとほっぺたの下や青などには臭いを出す線があります。

そこをこすりつけることで自分の匂いを相手に付けることができます。

人間にはその匂いをわからないんですが、嗅覚の鋭い猫には分かります。

家のあちらこちらに自分の匂いをつけることで安心材料となっています。

飼い主にもスリスリする事で匂いをつけています。

そうすることで安心をすることができます。
すりを背負って猫の口と脇にはそれをいいたい時に

しっぽを振るときのサインどんな感情か見分けるコツ

猫のしっぽは猫の感情を表しています。

どんな意味があるのか一つ一つ見ていきましょう。

犬の場合は嬉しい時に尻尾を振ります。

ですが、ねこの場合はもっと複雑な感情を表しています。

猫のしっぽは顔の表情筋と同じように色々な感情を表すことができます。

しっぽが短い猫もいると思います。

がそんな猫であっても感情を表しています。

注意ガクガク見てみましょう。

サヨリパターンパターンと降っている時はイライラしている時です。
そういう時は近くまで行って手を出すと噛みつかれることがあるので注意が必要です。

ゆったりと左右に大きく振っているそのような時は大体は嬉しい時です。

飼い主に抱いてもらって嬉しい時はぬくぬくしている時など左右に尻尾を大きく振り回すgoogle眠っている時google眠っている時は尻尾をだらっと垂らしています。

しっぽに力がないときは熟睡していると思って間違いありません。

大興奮奇妙なものに出会ったい新しい家具などが搬送されたりすると興奮して気を小刻みにパタパタと動かします。

その時毛が逆立っていて膨らみ上下にピンピンと動きます。

驚いた時驚いた時は尻尾を高く持ち上げてuの字に曲げます。
急に虫が飛んできたとき驚いた時に逆側のuの字に尻尾を丸めています。

建てた尻尾をピクピクさせる建てた尻尾をピクピクさせているときは何だろうと疑問に思っている時です。

何か新しいものを見つけた時しっぽの先がピクピクと動いていたら疑問に思っている時です。

しっぽ以外の感情を表すところ人間は顔で主に感情を表します。

猫は尻尾で感情を表します。

ですが、それ以外にも感情を表すところがあります。

耳お腹の形耳とお腹の形で猫の感情は分かります。

そして目にも表現されていることがあります。

瞳孔の大きさが変わるからです。

例えば的と威嚇し合っている時は目が大きく開き真っ黒になります。

人に抱かれて嬉しい時も目が大きくなります。
つまり感情が動いた時に目は大きく動くということです。

色々な体で表す感情背中を丸めて毛を逆立ててしっぽを大きく持ち上げているときは体を大きく見せているときです。

耳は低くして体を大きく見せようとしています。
耳を伏せて小さくなる相手が自分より強いという風にわかってる時は小さく見せることで相手の攻撃戦遅く音があります。

そっぽ向いている喧嘩をした後そっぽを向いている猫は負けていることを表しています。

その後すぐに過ごす事に気に行きます。

脇腹を大きく見せるように向かってくる時も体を大きく見せているときです。

威嚇する時にこのような場合が多いです。

嬉しい時飼い主に抱かれるなど嬉しいことがあった時には髭が10時10分を向くようになっています。

時計もよく10時10分に合わせてあることが多いですが、猫の場合は嬉しい時は幸せな時20時10分のひげの向きになります
手でもみもみする抱っこした時に手で体をもみもみしている時は甘えている時です。

赤ちゃんの時に母親猫にしていた時と同じように人間にももみもみすることがあります。

猫は家につくのか

猫は家につくといわれることがあります。

本当にそうなのでしょうか。
猫にそのような特性があるため引っ越しをしても前の家に戻ってしまうと聞いたことがあります。

ですが、実際にはそんなことはありません。

猫が着いているのは家ではなくて飼い主です。

飼い主について引越しもしてくれますので、いつも愛情で結ばれているのであれば引っ越しをしたあと家に帰ってしまうことはありません。

逆に大人になってからもらった猫で全く可愛がっていなかったり愛情がなかったりすると昔の家に固執してしまうこともあります。

昔の猫は異なる私の猫は今猫と違って家に着くことがありました。

それは猫は家の中で買うものではなく野良猫のようにネズミなどを取って暮らしていたからです。

そうすると解除しにあまり懐いていないのでネズミなどが取れる素の家を好みます。
それで家のが引っ越していってもいい人についてこないということが考えられます。

つまり人間に懐いていないので人間についていく必要がなかったのです。
家出をした猫は捕まるのか猫は家出をすることがあるといわれています。

が実際にはそんなことはありません。