つけるときは首の後ろに付けて引っ掻いたりして舐めたりしないようにする必要があります。

ノミの予防方法はノミの予防方法は伸びを増やさないことです。

体についているのみだけではなく家の中にも飲みおさなぎがたくさんあってそれが孵化することにのみが増えていきます。
ですので、部屋の掃除も大切です
ノミはどうやって猫の体につくのでしょうか。

それは二酸化炭素を検出する方法です。

吐く息を頼りにノミが近寄って来て体に住み着くのです。

それでは飲みは何を食べて生きているのでしょうか。

のみわちりやほこりなどハウスダストをメインに食べています。

よく動物の砂水の中などにたくさん繁殖しています。

ノミの繁殖を防ぐには餌を減らすことつまり掃除をすることが大切です。

掃除機の掃除も大切です。

ノミがついているとさなぎが孵化することがありますので、フィルターを綺麗にしてます。

そして熱湯で消毒したり洗剤で殺したりします。

ノミよけの首輪などもありますので、どうしても放し飼いにしていて毎日ノミがついてきてしまうという場合はのみを避けるための首輪も検討してみてください。

猫をお風呂に入れる方法

シャンプーを嫌がる猫は多いです。

それではどうやって対策したらいいでしょうか。

まずシャンプーが必要な猫は限られています。

それは毛が長い種類の猫です。

気が短い猫はシャンプーをしなくても綺麗になりますので、特にシャンプーをする必要ありません。

ですので、子猫のうちに家に来た時にシャンプーが必要かどうかを見極めてすぐに水になれる工夫をしていく必要があります。

3ヶ月ぐらいから水をに濡れさせる訓練をしていると猫でもあまり水を嫌がらなくなります。

逆に一切など大人になってから初めてシャンプーなどすると嫌だって大暴れをしたりしてどうしても洗うことができません。

シャンプーをするときは手早く行います。

猫がシャンプーが嫌なものだという風に認識すると風呂場に連れて行っただけでも大暴れしてしまいますので、猫が嫌がらないように手早くシャンプーをします。

匂いの強いシャンプーは使わないようにして顔や耳の中に水をつけたりはせずさっさとて早くを行っていきます。

ブラッシングをすると噛みつく猫の対策

ブラッシングが嫌いな猫もいます。

それはたいてい体に触られるのを嫌だと思っている猫です。

飼い主がブラッシング薬使用しようと思って手に持っただけでもさっと逃げてしまうことがあります。

噛み付いたり引っ掻いたりして手に負えないこともあります。

ですが、シャンプーはしなくてもいいとしてもブラッシングは必要です。

ソースないと家中がネコ毛だらけになってしまいます。

どうしたらいいでしょうか。

まず体に触ることを慣れてもらいます。

おすすめなのは猫が寝ている時に体を触ることです。

寝ている時は一番心が穏やかで触っても嫌がりません。